高度な医療技術を分かりやすくご説明する。それも私たちの使命です。

皆さまから寄せられた、美容整形に関する疑問、診療に対する不安などに、当院の医師が丁寧にお答えします。ご質問はカウンセリングの際にも、お気軽にご相談ください。

目もとについて

Q 01 必ず希望通りの二重になりますか?

希望通りの二重をつくるには、医師とのカウンセリングが最重要です。当院では、「大塚式二重まぶた専用スティック」を使って、入念なシミュレーションを行います。希望の二重のラインや幅を医師とともに決めていきます。仕上がりとほぼ同じ二重の状態を相談の際に見ることができるので、安心して受けられます。 また、手術中も鏡で確認でき、希望通りの二重に修正、整えるので思い通りの目になれます。

Q 02 埋没法で縫いつけた糸はそのままで大丈夫ですか?

手術で使用する糸は大きく分けて2種類です。体内に吸収される糸(吸収糸)と、体内に吸収されない糸(非吸収糸)があります。二重の手術では、体内に吸収されない糸(非吸収糸)を使用します。髪の毛よりも細い最新の医療用の糸で、血管を縫う時に用いるものと同じですから、身体に無害で安全です。

Q 03 眠る時、目が開いたままになりませんか?

まぶたにテープやアイプチなどを使っている人は、夜、眠ろうとすると目をうまく閉じることができません。これはもともと、皮膚と皮膚とを無理にくっつけているので、まぶたが引っ張られ、薄目が開いてしまうのです。二重まぶたの手術の場合、腱膜をむすぶ方法なので、不自然に皮膚が引っ張られることはなく、目が開いたままにもなりません。また、手術後は、包帯や眼帯などをする必要はなく、そのまますぐに帰宅できます。

Q 04 両目を一緒に手術しても、目は見えますか?

二重術の場合、眼球の手術ではありませんから、「目が見えないのでは?」「視力が悪くなるのでは?」といった心配はいっさい不要です。逆に、軽度の逆さまつ毛や眼瞼下垂の人の場合、二重まぶたに整える方法で目が見えやすくなり、眼球をまつ毛で傷つけることもなくなります。

Q 05 歳をとった時、不自然になったりしませんか?

「整形した箇所だけ歳をとらないで、その部分だけあとから目立ってしまうのでは?」と心配される方もいるようですが、これはまったく間違った知識です。手術をしても年月が経てば、それなりにその部分も歳はとります。また、まわりの皮膚になじんでくるので、より自然な状態になってきます。

Q 06 二重術を受けると皆同じような目になりませんか?

人それぞれ目の形や大きさは十人十色です。当院では、一人一人の目もとや顔立ち、個性やメイクの仕方まで考えてもっとも似合う二重に整えるので、同じ目になるという心配はまったくありません。

Q 07 日常生活ができるまで何日くらいかかりますか?

二重まぶたの場合、『大塚式埋没法』なら翌日より、ハレもほとんど気になりませんが、やはり外科手術ですから、まったくハレないとは言えません。ただし、現在の美容整形の技術は大いに進歩しており、医師の指示を守ってケアしていればハレなどはすぐに引くので心配はありません。当院では、経験豊かな医師があなたの状態に合わせて適切なアフターケアをアドバイスするので安心です。また、当院は自然な二重が特徴で、とくに大塚式埋没法なら早ければ2日、どんな敏感タイプの人でも1週間ほどで自然な感覚になります。

Q 08 二重にすると目に傷跡が残りませんか?

当院ではまぶたの状態や希望する二重のタイプに合わせて3通りの方法があり、すべて傷跡の心配はありません。
1.「大塚式埋没法」は、メスをまったく使わず、まぶたを2~3箇所縫合します。 針をさしたような小さな跡ができますが、数日で消えるので傷跡は残りません。
2.「マイクロ切開法」は、上まぶたの1ケ所を3~5ミリ程度切開しますが、二重のラインの一部となるので自然になります。
3.「切開法」は、切開する線が二重のラインとなります。切開した傷は一般的に1カ月程度赤くなりますが、メイクをすればかくれる程度です。その後"赤み"は消失し、最終的には白い線となり、 メイクをしていない状態でもわからないくらいまでになります。自然な二重の人でも二重のラインは線(しわ)があります。その状態と区別できないくらいの線となります。

Q 09 気に入らない場合、元に戻せますか?

何かの事情で「元の目に戻したい」「二重の幅を変えたい」という方はご相談下さい。 ご希望にあった二重に再修正したり、元のまぶたの状態に戻せます。他の病院で二重まぶたの手術を受けた方で、「気に入らなくて悩んでいる」「思い通りに治したい」というご相談や修正も受け付けています。相談はいつでも無料で行っているので気軽にご予約下さい。また、「元の目に戻したい、二重を小さくしたい」という方は早めに来院をして下さい。期間が長くあきすぎたり、手術法によっては修正できない場合があります。

Q 10 他の病院で受けた二重を修正する事はできますか?

当院では、他の病院で手術された方の相談や修正も行っています。目はもちろん、あらゆる修正が可能です。二重の場合でも片方を整える方法と両目とも修正する方法があります。事前のカウンセリングでしっかり話し合いますので、悩んでいる方はお気軽に御相談下さい。

pagetop
輪郭について

Q 01 顔を小さくするとき、傷が残ったりしませんか?

小顔の治療で最も体に負担の少ない方法はボトックスやメソセラピーです。どちらも極細の針を用いて注射するため傷跡にはなりません。

Q 02 顔を小さくしてもまた元に戻ったりしませんか?

脂肪吸引で小顔にした場合、一度吸引した所は二度と同じように大きくはなりません。また骨を整える場合も同じく元に戻ることはなく、一生小顔でいられます。

Q 03 顔が大きくて悩んでます。どうしたら小さくなりますか?

ひと口に「顔が大きい」といってもその原因は様々です。頬やアゴに余分な脂肪がつきすぎてポッチャリ大きい場合は、『脂肪吸引』でほっそりした小顔になります。
咬筋という筋肉が原因の場合には、ボトックス注射により筋肉が細くなりシャープな顎のラインが生まれます。また頬骨やエラなど顔の骨格が出っ張っていて大きい場合は、目立つ部分の骨を削る方法で希望通りの輪郭に整えることができます。

若返りについて

Q 01 年齢のせいか目が窪んできたようなのですが?

顔の中で最も加齢性変化が早く出る部分が目の周りです。女性と違ってメイクを施さない男性の場合、老けた印象が顕著に表れます。目のくぼみに対してはヒアルロン酸注入や脂肪注入を行いますが、眼瞼下垂が原因となっている場合もあります。医師とよく相談してください。

Q 02 目の下のたるみは取れますか?

簡単な方法ではヒアルロン酸の注入がおすすめです。これは通常のしわ治療に使われるタイプのヒアルロン酸とは違い、顔の輪郭を作るタイプのヒアルロン酸を使用します。しかし、皮膚が完全にたるんでいる場合には手術が必要となります。手術では、たるんだ部分を下まぶたのラインに沿って切除してたるみをなくします。 どちらの方法が適しているか、医師とよくご相談下さい。

Q 03 しわを取った所だけ不自然に見えたりしませんか?

皮膚は弾力性がありますから、手術をしたところだけが不自然にピンとすることはなく、ご自分の皮膚として他の所と同じようになじんでいきます。

Q 04 しわ取りの治療で痛みはありますか?

ヒアルロン酸やボトックスといった注射の治療では、麻酔クリームによる表面麻酔を行います。皮膚が麻痺するので針を刺す時の痛みはほとんどなくなりますので、痛みの苦手な男性の方もご安心ください。

pagetop
鼻について

Q 01 プロテーゼってなんですか?

医療用の人工軟骨です。

Q 02 プロテーゼは鼻の中で動きませんか?

鼻には骨の部分と軟骨の部分があります。目と目の間は骨の部分なため、触っても動きません。鼻先は軟骨でできているため触れば動きます。プロテーゼが動く原因は、プロテーゼを入れる深さによります。当院では骨と骨膜の間を最小限だけ剥がしプロテーゼを挿入するため、骨膜にプロテーゼが包まれ固定されます。

Q 03 プロテーゼが鼻から飛び出したりしませんか?

「プロテーゼが鼻から飛び出す原因として細菌の感染か、プロテーゼの大きさが大きすぎるといった原因が考えられます。感染が起きた場合にはまず皮膚に赤みなどの炎症症状が起きるので、その時点で抜去すれば皮膚から飛び出すことはありません。プロテーゼの大きさについても、皮膚が圧迫されることによる皮膚の炎症症状が出現するので早めに処理を行えば問題ありません。しかし、最初から適切な診断と治療が行われていれば、このような炎症が起きる確率も減ります。当院では長年の経験により蓄積されたデータがあります。不安に思っている方はぜひ一度診断にお越しください。

Q 04 プロテーゼをいれた所だけ硬くなったりしませんか?

かたさ等は、もともとのご自分の軟骨とまったく変わりませんので、手術後の違和感はありません。

Q 05 鼻だけ年を取らないことはありませんか?

「美容整形を受けた箇所は年をとらない」とか、「無表情になるのでは?」といった不安をお持ちの方もいるかもしれませんが、そのような変化は顔の表情筋や皮膚によるもので、プロテーゼを挿入したからといって顔の表情などに影響をおよぼすことはまったくありません。

Q 06 プロテーゼを取り出す事はできますか?

「他の病院で隆鼻術を受けたけれど形や高さが気に入らない」、何かの理由で「もとに戻したい」という場合、プロテーゼを取り出すことは可能です。またご希望の高さや厚さのプロテーゼに入れ替えることもできますので、気軽にご相談下さい。

Q 07 プロテーゼは異物なので人体に悪い影響はありませんか?

一般に美容整形で使用する「プロテーゼ」は、シリコンという医療素材でできています。これは人工血管など体内の臓器として使われている一種で、安全性が高く人体にまったく害はありません。FDA(アメリカ厚生省)でも認可されている100%安全な医療シリコンです。当院ではプロテーゼを一人一人に合わせて作るので、違和感やずれるといった心配はありません。仕上がりも非常にきれいで美しいラインの鼻になります。
異物を自分の体に入れることに抵抗のある方の場合、本人の体の一部である耳の軟骨(耳介軟骨)を使用します。どちらにするかは、本人の希望だけでなく、専門の医師のアドバイスも合わせて決めたほうがよいでしょう。

Q 08 プロテーゼはどの程度の外力に耐えられますか?

プロテーゼ(人工軟骨)は人間の鼻の軟骨とほぼ同じものだと思って下さい。 このプロテーゼがどの程度の外力に耐えられるかについては、たとえば誰かにこぶしなどの固い物で強く殴られたり、事故などですごい力が鼻にかかった場合、私達の軟骨は骨折してしまいます。最初に述べたように、プロテーゼもご自分の軟骨と同じですから、何かの強い力を受ればプロテーゼがずれてしまうこともあります。一般 の鼻と同じと考えて、事故やケガなどに気を付けていれば何の心配もありません。

Q 09 隆鼻術後、普通に鼻をかめますか?

手術後約1カ月でプロテーゼも安定しますが、1週間ほどは鼻の穴の中の傷が安定していないので強く鼻をかまないほうが良いでしょう。鼻の下をふくくらいにしてください。それ以降は、普通に鼻をかむことができます。

pagetop
肌について

Q 01 肌のキメが粗いのですが、いい方法はありますか?

『大塚式医療ケミカルピーリング』なら、肌のターンオーバーを促進し、透明感のあるキメの整った美しい肌に再生します。「ちょっと興味がある」という方は1回お試しコースがあります。(電話でご予約下さい)

Q 02 にきび跡が凹凸になってしまったのですが治りますか?

当院では、にきび跡の程度によって治療法をわけています。軽度~中等度の方にはフラクショナルタイプのレーザーで治療します。高度の方にはCO2レーザーとトレチノインによる治療をすすめています。

Q 03 生まれつきある「太田母斑」という青あざは取れますか?

「太田母斑」は顔にできるアザの一種です。アザの色素に反応するタイプのレーザーで治療を行います。一回の治療では難しいですが、数回くり返すことによりアザを取ることが可能です。

Q 04 顔中にあるほくろを1回で取ることはできますか?

はい。同時に何箇所でも1回で除去できます。ほくろを取る場合、タイプや大きさによって治療方法が変わりますが、レーザーや電気メスなどで短時間に除去できます。いずれも麻酔クリームや局所麻酔で痛みの心配はありません。除去後は肌色の小さなテープを貼って終了です。

歯科について

Q 01 審美歯科と一般の歯科は具体的にどう違うのですか?

『審美歯科』とは歯に関する意職(デンタルIQ)が高い欧米で生まれた新しい歯科分野です。一般の歯科は虫歯などの治療が目的ですが、審美歯科は「美しい口元」を目的とする治療やケアを行う分野です。 普通の歯科で出きる治療を全てクリアした上で、あらゆる歯や歯並び、口元のコンプレックスを解消して美しい口元に整えます。

Q 02 矯正ワイヤーを付けずに歯並びをきれいに治すことはできますか?

大塚美容形成外科では見た目の悪いワイヤー器具を付けずに2〜5回ほどの治療で矯正できます。常に「快適な治療」を目指し、治療期間が短く痛みもありません。ただし、咬み合わせの状態によってはワイヤーを着ける方が効果的な場合もあるので、ドクターとよく相談してみましょう。

Q 03 治療に保険はききますか?

虫歯などの病気を治す治療ではないので、保険は使えません。ですが「今すぐキレイになりたい」という方のために、月々のクレジット払いで受ける方法もあります。

Q 04 「痛い」のが苦手なんですが、治療は痛くないですか?

痛みの苦手な患者様のために、大塚美容形成外科では歯の状態や体調に合わせた麻酔を使用しています。治療中の恐怖感や不快感を感じなくてすむように、スタッフが細心の注意を払います。

Q 05 治療にはどのくらいの期間がかかりますか?入院の必要は?

審美歯科は一般の歯科に比べて短期間に美しく整える治療が可能です。治療の内容によって期間は違いますが、矯正の場合で最短2週間〜1ヶ月で完治できます。手術などの場合は何日か入院することもあるので、よくドクターと相談して下さい。

Q 06 モデルや芸能人のような白く輝く歯になれますか?

大塚美容形成外科の『審美歯科』では歯を白くする治療やケアが充実しており、いろいろな方法があります。あなたの歯の状態や原因、予算に合わせて選ぶことが可能です。中でも『最新レーザーブリーチング法』はレーザーを歯の表面に照射するだけで白くきれいな歯になれます。気軽に受けられ、1〜5回ほどで終了。
また、自宅で歯の美白ケアができる「ホームブリーチング」のセットなどもあります。

pagetop
脱毛について

Q 01 何回くらい脱毛を受ければいいですか?

脱毛したい範囲や部分・毛量によって異なりますが、平均して3回~5回の治療で脱毛終了となります。

Q 02 レーザー脱毛は他の脱毛とどう違うのですか?

レーザー脱毛の光は黒い色素のみに反応するため、毛の生える組織だけを破壊します。そのためカミソリや電気針などの脱毛と違って皮膚や毛穴を傷つけることなく、安全にきれいに脱毛できるのです。しかも、レーザーの光が軽い蛋白変性をおこしますので、脱毛後は毛穴が引き締り、肌のキメが整うという美肌効果もあります。

Q 03 体のどの箇所を脱毛できますか?

レーザーの光をあてるだけなので、デリケートな所や、広い範囲なども簡単に脱毛でき、顔や体中のどこでも脱毛できます。 また、顔やうなじなども肌に負担なくムダ毛を処理することが可能。

Q 04 脱毛中の痛みはありますか?

レーザーの光は無痛なので痛くはありませんが、出力するレベルによっては多少の痛みや熱を感じる場合があります。大塚式では肌が敏感な方やご希望に合わせてクリーム状の麻酔をお塗りしますので、より安心して脱毛を受けて頂けます。

Q 05 脱毛にどのくらいの時間がかかりますか?

当院では、両ワキなら約10分、腕や脚なども範囲によりますが15分~30分でスピーディーに脱毛できます。最新の『ダイオードレーザー機』はレーザーの照射範囲が従来のレーザー機と違って1cm四方を1回約1秒で脱毛できるので、効率のよい脱毛が可能です。

脂肪吸引について

Q 01 入院は必要ですか?

全身麻酔の場合は入院して頂きますが、部分麻酔での吸引なら、その日のうちに帰れますので入院の必要はありません。

Q 02 吸引後に皮膚が凹凸になったりしませんか?

『大塚式』では脂肪吸引専門のドクターが肌表面 をチェックしながら丁寧に吸引するので凹凸するようなことはありません。なめらかな肌のハリを失わず理想のボディラインを実現します。

Q 03 脂肪吸引ならどこでも細くできますか?

おなか、ヒップ、顔(アゴや頬)など、脂肪がたまりやすい箇所ならどの部分もできます。ダイエットなどでは細くなりにくい所も1回の吸引で細くすることができます。ただ、体の脂肪をすべて吸引してしまうわけにはいきませんので、身体の健康に必要な脂肪を残しながら、安全に理想のボディラインをデザインしていきます。

Q 04 吸引は痛くないですか?

脂肪吸引は手術の前に安全な麻酔をしますので、吸引中の痛みはほとんどありません。当院が独自に開発した『大塚式麻酔』は身体に優しく不快感の無い部分麻酔です。またご希望に合わせて、全身麻酔での吸引もできますから、眠っている間に細く美しい身体に変身することもできます。全身麻酔はすべて麻酔専門医が行なうので安心して受けられます。

Q 05 アフターケアは必要ですか?

手術後約1~3ヶ月間ほど、吸引箇所を専用ストッキングやガードルなどで圧迫して引き締めます。そのあとは普通通りで大丈夫です。

Q 06 脂肪吸引した所がまた太くなりませんか?

『大塚式脂肪吸引』は肥満の原因である余分な“脂肪細胞”を除去します。“脂肪細胞”は思春期を過ぎると増えませんので、一度吸引した所は脂肪細胞の数が減るので脂肪を貯め込みにくくなり、二度と同じように太くなりません。(また、この脂肪細胞の数はダイエットや運動、エステなどでは少なくすることはできません。)

Q 07 脂肪吸引の傷跡は目立ちませんか?

吸引に使用する「カニューレ」や「大塚式シリンジ」は極細の管ですので、切開するのはわずか2~3mmほどです。術後は蚊に刺されたような小さな跡が残りますが、時間とともに解らなくなります。 また、吸引する箇所に合わせて脚のつけ根やおへその中など目立たない部分なので心配ありません。

pagetop
ワキガについて

Q 01 ワキガの原因は何ですか?

ワキの下にはエクリン汗腺、皮脂腺、アポクリン汗腺という3種類の分泌腺があります。ワキガの臭いのもとはアポクリン汗腺から分泌される汗にあり、アポクリン汗腺の多い人がワキガ体質であると言えます。

Q 02 飲み薬、塗り薬などで、ワキガを治すことはできませんか?

ワキガ治療のための飲み薬や塗り薬もありますが、一時的に臭いを抑えるためのものでワキガの根本治療にはなりません。

Q 03 ワキガかどうか判断できません。カウンセリングで相談できますか?

耳あかが湿っている方、ワキの毛が濃い方、服のワキ部分が黄ばむ方はワキガ体質と言えますが、ご自身で判断できない場合も、お気軽にカウンセリングでご相談ください。

Q 04 カウンセリング後、すぐに治療を行うことはできますか?

可能です。ボトックス治療は約10分で終了します。吸引法と反転剪除法は抜糸のために来院が必要になりますが、こちらもカウンセリング当日の治療が可能です。

Q 05 反転剪除法の傷跡は目立ちますか?

ワキのシワに沿って切開するので、傷跡は目立ちません。

Q 06 なぜボトックスがワキガに有効なんですか?

ボトックス注射によって汗腺の活動を抑えることができます。

Q 07 片方ずつ治療することは可能ですか?

ご都合に合わせて、片方ずつ治療することも可能です。

Q 08 ワキ以外にも足のニオイが気になります。

ボトックス治療は、足の裏の臭いにも有効です。カウンセリングでご相談ください。

Q 09 ワキガの手術の後、仕事や日常生活は普通通りにできますか?

当院では、治療後2日間は入浴を避けることをお勧めしています。また、アルコール摂取は手術後の経過に支障をきたす可能性があるので避けましょう。詳しくはカウンセリング時にお尋ねください。

Q 10 治療後にワキガが再発することはありますか?

もともとある体臭を完全になくすことはできませんが、反転剪除法によってアポクリン汗腺を除去することで、ワキガの原因を根本から治療することで再発を抑えることが可能です。

pagetop
ED治療について

Q 01 ED治療薬は誰にでも処方可能ですか?

バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬には、併用禁忌の薬があります。また、体調や病歴、既往症によっては処方できない方もいます。まずは医師にご相談ください。

Q 02 お支払い方法は現金のみですか?

クレジットカードでのお支払いも受け付けます(1回払いのみ)。

薄毛について

Q 01 薄毛の治療は何歳くらいの方が多く受けていますか?

20代や30代の若い患者様が半数を超えます。「AGA」は進行性であり早めのケアが大切ですので、「抜け毛が増えたかな」と思ったら、ぜひ一度、当院にご相談ください。

Q 02 カウンセリングを受けたいのですが、プライバシーが守られますか?

AGAの治療は、皮膚科などでも可能ですが、当院は完全予約制であるため、プライバシーに配慮した治療が行えます。

Q 03 医療植毛は、本当に毛が生えるのですか?

医療植毛で移植された毛は、毛周期によって抜けることもありますが、数ヶ月の休止期を経て同じ毛根から再び新しい毛が生えてきますので、ご安心ください。

Q 04 円形脱毛症は、医療植毛で治りますか?

円形脱毛症の原因は、ストレスや免疫異常と考えられ、人によっては自然治癒する場合もあります。1年以上、症状が変わらず、その原因が免疫機能障害と考えられる場合は、医療植毛による治療をおすすめいたします。

Q 05 「AGA」の治療期間はどのくらいですか?

「AGA」は、毛周期の正常化や頭皮の環境改善を目的とした内服・外用薬治療が中心となります。個人差はありますが、効果が表れ始めるまで少なくとも3~5ヵ月といった期間を要しますので、半年から1年間の治療期間を目安にお考えください。

pagetop
男性器について

Q 01 包茎手術後、勃起の固さや持続力が悪くなることはありますか?

手術後も、勃起の固さや持続力が悪くなることはありませんのでご安心ください。

Q 02 包茎手術後はどのようなケアが必要ですか?

2日目までは患部が濡れないように、ビニール袋などをかぶせてシャワーを浴びてください。直接患部を濡らせるようになるのは3日後からになります。

Q 03 手術に痛みはありますか?

手術中は麻酔を行いますので、痛みを感じることはありません。

Q 04 亀頭部と陰茎増大で、希望の大きさ、太さを実現できますか?

亀頭・陰茎の細さが気になる方には、ヒアルロン酸、または脂肪注入する方法をご用意しております。当院では、患者様のご希望に合わせて最適な治療プランをご提案しておりますので、お気軽にご相談下さい。

Q 05 手術後、性交渉はどの程度で可能ですか?

手術後、約1ヶ月は性交渉をお控えください。

麻酔について

Q 01 麻酔をしても痛みはないですか?

静脈麻酔や全身麻酔では、手術中に痛みを感じることはありません。 局所麻酔の場合、痛みは最小限に抑えられます。なお、痛みを感じやすい場合には、静脈麻酔と併用することも出来ますので、ご安心ください。

Q 02 麻酔をした後は、その日に帰れるでしょうか?

局所麻酔や静脈麻酔の場合には、その日のうちにお帰り頂けます。 全身麻酔の場合は、術後に身体への負担を軽減するため、少なくとも一泊の入院が必要です。

pagetop

麻酔について

痛みのない施術で、安心して美しく

美容整形を希望される方の中には、施術の痛みに不安を感じる方も多くいらっしゃることと思います。 当院では患者様ができるだけ痛みを感じずリラックスした状態で施術を受けていただけるように、麻酔科専門医が常駐し麻酔についてきめ細かな配慮をしております。

麻酔科専門医がいるから、できること

麻酔について理解し安心して頂くためにも、常駐している麻酔科専門医と相談しながら手術内容や体質・体力などに合わせて、患者様自身でご希望の麻酔を選ぶことができます。また、手術中も執刀する医師に加えて麻酔科専門医が完全管理のもとで行いますので、ご安心ください。

全身麻酔可能な入院設備を完備

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理ができ、入院設備を備えたクリニックでなければ行うことはできません。 当院(大塚院)では、厚生労働省から正式に認められた入院設備を保有しているため、安全な術後管理が可能ですので安心してお任せいただけます。

麻酔の種類

麻酔クリーム・麻酔テープ

麻酔クリームは塗布した部分の痛みを感じにくくするもので、注射やレーザー照射、局所麻酔の前に塗ります。また、麻酔テープは注射等をする部位にしばらく貼ることで、表面に麻酔の効果があります。

局所麻酔

美容外科手術において、最も多く用いられている麻酔です。 小さな範囲もしくは対象部分を手術する際に行い、注射した箇所の周辺のみ痛みを感じなくなります。 意識ははっきりしているため、手術中に仕上がりを確認することができます。 局所麻酔では体の安全のために一回で使用できる薬の量に制限があります。よって、制限された量よりも広い範囲の麻酔が必要な場合には、静脈麻酔や全身麻酔と併用することになります。

【プロセス】
麻酔液を注射することによって、手術する部分の痛みを無くします。
当院では極細の麻酔専用注射針を使用していますので、麻酔時の痛みも最小限となります。

静脈麻酔

手術に対する緊張感や恐怖感がある場合に行う麻酔です。 手術中は軽く眠っている状態になり、痛みは感じません。

【プロセス】
痛みを取り除く鎮痛剤と眠くなる鎮静剤を点滴で注入し、全身がリラックスしているような状態にします。
術後はすぐに目が覚めますので、ご自身で仕上がりなどを確認することができます。

全身麻酔

広範囲におよぶ手術や眠っている間に手術を終えたい場合に用いる麻酔です。 完全に眠っている状態になるため、痛みを感じることはありません。 当院では執刀する医師に加えて、麻酔科専門医が術中の麻酔の状態を細かく管理するので安心です。

【プロセス】
麻酔作用のあるガスを呼吸することにより、完全に眠っている状態にします。
術後は身体への負担を軽減するために、少なくとも一泊の入院をしていただく必要があります。当院(大塚院)では厚生労働省から正式に認められた入院設備を保有しているため、安全な術後管理が可能です。

当院のこだわり
厚生労働省から正式に認められた入院設備を保有しています

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理ができ、入院設備を備えたクリニックでなければ行うことはできません。一般的な美容クリニックはビル内にテナントとして入っている場合が多く、通常このようなクリニック形態では入院設備は認められておりません。
当院(大塚院)では厚生労働省から正式に認められた入院設備を保有しているため、安全な術後管理ができます。

麻酔科専門医が完全管理のもとで行います

麻酔にはさまざまな方法がありますが、その中には麻酔科専門医だけが使うことのできる薬や麻酔方法があります。当院では執刀する医師に加えて、麻酔科専門医が完全管理のもとで手術を行いますので安心です。

麻酔科専門医

麻酔科の資格には、標榜医・認定医・専門医、及び大学病院等で勤務する指導医があります。その中で麻酔科専門医は、手術中だけでなく、術前、術後も含めた麻酔の管理を行う上で、最も重要な資格です。術中麻酔管理の実務責任者として、麻酔に関する確かな知識と技術を備えており、さらに標榜医・認定医を育成できる資格を持っています。(日本麻酔科学会より)

pagetop

無料相談:0120-80-1611

Copyright(C) 2011 Otsuka Cosmetic & plastic surgery Co., Ltd.All Rights Reserved.